シラバス情報

基本情報

科目名 プロゼミII
担当者 山澤 成康
科目区分 週間授業
履修開始年次 1
単位数 1.0
開講期 2015年度 秋学期
曜日/時限 金曜4限
教室 3251演習室(新座)

授業題目

  • ディズニーランドの研究   

授業の目的・目標

  • 高等学校までの「学業」の場から、大学での「学問」の場への移行をスムーズに行うことができるように設定された科目です。
     「学問」とは、「研究」によって新事実を発見し、体系的に組織化してゆく営みを言います。大学では「研究」の方法を学ぶと共に、自ら実際に「研究」を行ってみて、「学問」の意義や価値を学びます。「プロゼミ」はその序章であり、「卒業論文」はその最終章に当たります。
     「プロゼミI」では、「研究」における「問い」の立て方、「問い」を解決するための実証的方法、「問い」から導き出した知見を発表する方法等を学ぶとともに、与えられた課題のもとに、小論文の作成と簡単な発表(初級編)を行い、自らが考え、論理的整理をする基礎力を養成することを目標とします。
     「プロゼミII」では、「プロゼミI」を踏まえ、さらに高度な方法や技能を学習し、実際に研究計画から研究発表に至る一連の流れを体験して、独自な視点を持つ論文を作成(中級編)するとともに、教員や授業参加者間の対話または討論を通じて、多面的な分析力を養成することを目標とします。 

授業の概要

  • 「プロゼミI」と同様に、それぞれの担当教員が選ぶ「授業題目」のもとに、どのクラスも共通に「基礎的演習」としての内容を学びます。ただし、この「プロゼミII」では、「プロゼミI」で学んだことを前提に、学問研究のためのより進んだ技能の獲得や、多面的、多角的な分析力の養成を目指します。

    1)分かりやすい発表の技術
     a)説明の仕方
      聞き手にとっての分かりやすさ、 原稿読み上げをしない努力が必要
     b)図表化の仕方
      箇条書き、階層図、対比図、流れ図等の分かりやすさの工夫
     c)配付物の作り方
      全体の構造が分かりやすいレイアウトの工夫

    2)小論文作成と発表(中級編)
     何らかのテーマで探究活動を実践し、その結果を小論文にまとめて、クラスで口頭発表を試行する。
     どこかに独自性が発揮されている論文作成が目標。
     中級編では、理論の裏付け(方法は、実験、調査、フィールドワーク、 観察、文献、実物等、分野によって異なる)の示し方の体験を含む。

    *期間中に、教員や参加者間の対話を通じて、多面的、多角的な分析力の養成を目指す。  

自習に関する一般的な指示事項

  • とにかく参考文献をたくさん読んでください。文章の練習も必要です。  

授業スケジュール

 第 1回

  • 序論 

 第 2回

  • 自己紹介(1):オリエンタルランドについて 

 第 3回

  • 自己紹介(2):ディズニーランドについて 

 第 4回

  • 図書館の使い方 

 第 5回

  • 「ディズニーランドという聖地」要約(1) 

 第 6回

  • 「ディズニーランドという聖地」要約(2) 

 第 7回

  • 「ディズニーランドの魔法」要約(1) 

 第 8回

  • 「ディズニーランドの魔法」要約(2) 

 第 9回

  • 研究計画の発表(1) 

 第10回

  • 研究計画の発表(2) 

 第11回

  • 研究計画の発表(3) 

 第12回

  • 研究計画の発表(4) 

 第13回

  • 発表の仕方 

 第14回

  • 研究発表(1) 

 第15回

  • 研究発表(2) 

授業の運営方法

  • 「ディズニーランド」は文化、経済、経営などさまざまな面から研究できます。このゼミの目的は、ディズニーランドを素材にして、「研究するとはどういうことか」を理解することです。まず、テキストを読み、そこから浮かんだ疑問を発表してもらいます。その後その解決法を考えます。各時間、ディズニーに関する知識を深めるための話題を提供します。  

成績評価の方法 ※次の評価基準・割合に基づき評価されます。


 評価の種類


 割合(%)


 評価基準、評価方法


 定期試験

  • 0% 
  • 実施しない 

 小論文・レポート

  • 0% 
  • 実施しない 

 授業参加

  • 50% 
  • 授業参加 

 その他

  • 50% 
  • 小レポートおよび発表 

テキスト

  • 能登路雅子『ディズニーランドという聖地』岩波新書
    有馬哲夫『ディズニーの魔法』新潮新書 

参考文献

  •  

関連ページ

その他、履修生への注意事項

  •