シラバス情報

基本情報

科目名 データで読み解く日本経済
担当者 山澤 成康
科目区分 週間授業
履修開始年次 カリキュラムにより異なります。
単位数 2.0
開講期 2015年度 秋学期
曜日/時限 火曜1限
教室 M2307コンピュータ教室(文京)

授業題目

  • ミクロデータ、マクロデータの分析  

授業の目的・目標

  • この授業の目的は、経済統計を用いて日本経済の分析ができるようになることです。データは官庁のホームページなどから入手し、エクセルで加工してデータの意味を探ります。  

授業の概要

  • まず、経済データの入手法、入手したデータの加工法を習得します。その後、さまざまな経済指標の意味することを考えます。過去から現在への変遷、海外データとの比較、最近の動向などを調べます。  

自習に関する一般的な指示事項

  • インターネットでデータを検索してデータをダウンロードし、それをエクセルで加工する技術が必要です。エクセルでデータを扱うことに習熟するよう自習してください。  

授業スケジュール

 第 1回

  • 序論 

 第 2回

  • 企業データ(財務) 

 第 3回

  • 企業データ(株式) 

 第 4回

  • レポートの作成法 

 第 5回

  • 企業データ(人事) 

 第 6回

  • 景気に関するデータ 

 第 7回

  • 日銀短観 

 第 8回

  • GDP 

 第 9回

  • 生産、企業収益 

 第10回

  • 物価 

 第11回

  • 雇用統計 

 第12回

  • 国際収支 

 第13回

  • 財政 

 第14回

  • 金融、原油価格 

 第15回

  • 国際経済 

授業の運営方法

  • パソコンを使いながら講義します。ホームページにあるレジュメをあらかじめダウンロードして持ってきてください。  

成績評価の方法 ※次の評価基準・割合に基づき評価されます。


 評価の種類


 割合(%)


 評価基準、評価方法


 定期試験

  • 0% 
  • 該当せず 

 小論文・レポート

  • 100% 
  • 中間レポート50%、最終レポート50% 

 授業参加

  • 0% 
  • 出席は単位取得の前提です。出席を取る代わりに、毎回課題のグラフを提出してもらいます。 

 その他

  • 0% 
  • 該当せず 

テキスト

  • 授業の前に「山澤研究室」からレジュメ等をダウンロードしてください。
    http://www2.mmc.atomi.ac.jp/web13/index.shtml 

参考文献

  • 山澤成康『景気変動と経済政策がよ~くわかる本』秀和システム
    山澤成康『実戦計量経済学入門』日本評論社 

関連ページ

  • 「山澤研究室」
    http://www2.mmc.atomi.ac.jp/web13/index.shtml 

その他、履修生への注意事項

  • ある程度エクセルを使いこなしてないと、授業についていくのが難しいと思います。毎回レポートを提出する必要があります。