シラバス情報

基本情報

科目名 マネジメント演習
担当者 山澤 成康
科目区分 春学期(週間授業)、秋学期(週間授業)
履修開始年次 1
単位数 2.0
開講期 2015年度 春学期~秋学期
曜日/時限 春学期(火曜4限)、秋学期(火曜4限)
教室 M2802講義室(文京)

授業題目

  • 経済予測の実践 

授業の目的・目標

  • 経済予測を実際に行って、予測手法に習熟する 

授業の概要

  • 経済予測に必要な、経済指標への理解と予測手法の習熟を目標とする。経済指標では、国民経済計算、企業データ、金融データなどの特徴やその使い方を研究す る。景気循環論と経済指標や予測との関係も考察する。予測手法では計量経済学を応用する。計量経済学の中では、因果関係を基礎にした最小二乗法による予測 とともに、ボックスジェンキンズ法、多変量自己回帰(VAR)モデル、カルマンフィルターなど時系列分析による予測も検討する。 

自習に関する一般的な指示事項

  • 統計ソフトへの習熟が必要。学内のコンピューターで使うことができるので、授業外でも使ってみることが重要。 

授業スケジュール

 第 1回

  • 計量経済学の復習(1) 

 第 2回

  • 計量経済学の復習(2) 

 第 3回

  • 計量経済学の復習(3) 

 第 4回

  • 計量経済学の復習(4) 

 第 5回

  • EViewsの習得(1) 

 第 6回

  • EVIewsの習得(2) 

 第 7回

  • EViewsの習得(3) 

 第 8回

  • EViewsの習得(4) 

 第 9回

  • EViewsの習得(5) 

 第10回

  • EViewsの習得(6) 

 第11回

  • EViewsの応用(1) 

 第12回

  • EViewsの応用(2) 

 第13回

  • EViewsの応用(3) 

 第14回

  • EViewsの応用(4) 

 第15回

  • EViewsの応用(5) 

 第16回

  • 予測する指標の検討(1) 

 第17回

  • 予測する指標の検討(2) 

 第18回

  • 予測する指標の検討(3) 

 第19回

  • 予測する指標の検討(4) 

 第20回

  • 予測する指標の検討(5) 

 第21回

  • 予測手法について検討(1) 

 第22回

  • 予測手法について検討(2) 

 第23回

  • 予測手法について検討(3) 

 第24回

  • 予測手法について検討(4) 

 第25回

  • 予測手法について検討(5) 

 第26回

  • 予測値の作成(1) 

 第27回

  • 予測値の作成(2) 

 第28回

  • 予測値の作成(3) 

 第29回

  • 予測値の作成(4) 

 第30回

  • 予測値の作成(5) 

授業の運営方法

  • 予測法について講義し、データを使って実際に予測値を計算する。 

成績評価の方法 ※次の評価基準・割合に基づき評価されます。


 評価の種類


 割合(%)


 評価基準、評価方法


 定期試験

  • 0% 
  • 該当せず 

 小論文・レポート

  • 100% 
  • レポートで評価する。 

 授業参加

  • 0% 
  • 該当せず 

 その他

  • 0% 
  • 該当せず 

テキスト

  • 山澤成康『実戦計量経済学入門』日本評論社、2004年 山澤成康『新しい経済予測論』日本評論社、2011年 

参考文献

  • 日本経済研究センター『経済予測入門』日本経済新聞社、2000年 

関連ページ

  • 山澤研究室 http://www2.mmc.atomi.ac.jp/web13/index.shtml 

その他、履修生への注意事項

  • 数学や統計学についての基礎的な知識が前提となるが、足りない場合は随時授業で補う。