学術論文

基本情報

氏名 山澤 成康
氏名(カナ) ヤマサワ ナリヤス
氏名(英語) yamasawa nariyasu

名称

「景気転換点早期発見インデックスの開発―最大値・最小値基準による山谷の設定」

単著、共著の別

共著

年月日

2003/05

発行所等

日本経済研究センター、JCER Discussion Paper No.86

出版社

 

巻・号

 

開始ページ

 

終了ページ

 

査読の有無

 

概要

24頁
山澤成康、永濱利廣共著 (共同研究につき本人の担当部分抽出不可能)
景気の転換点を早期に発見する新たな方法を提案した。内閣府はブライ=ボッシャン法で個別指標の山谷を決めているが、この方法では、景気転換点が決定するのに時間がかかる。これに代わる方法として最大値・最小値基準を導入して景気転換点を早期に発見した。約1年程度早く景気の転換点を知ることができる。